レンタルと購入はどちらが良いか


ブライダルインナーはウェディングドレスをより綺麗に着こなすために必要不可欠なアイテムですが、先輩花嫁たちはどのようにブライダルインナーを準備していたのでしょうか。今回は、ブライダルインナーの平均的な値段や入手方法などについてご紹介します。

レンタルと購入の値段は?

ブライダルインナーの入手方法としては、稀にレンタルする方もいるようですが、購入がほとんどのようです。ブライダルインナーの値段は幅広く、購入する場所やブランドによっても変わってきます。購入した場合とレンタルした場合ではどれくらい値段に違いがあるのでしょうか。

①購入する場合
普段着用するインナーとは違い、結婚式という大切な日に着用するのがブライダルインナーです。機能性はもちろんのこと、デザインや縫製など細部までこだわって作られているため、そのぶん価格も高く設定されています。各アイテムの相場は下記のようになっています。

  価格幅 平均価格帯
ブラジャー 10,000円~22,000円 15,000円
ウエストニッパー 5,400円~20,000円 12,000円
ビスチェ 10,000円~28,000円 20,000円
フレアパンツ 3,700円~10,000円 6,000円
ガードル 4,800円~20,000円 15,000円

②レンタルする場合
式でしか着る機会がないブライダルインナーは、レンタルで済ませてしまう花嫁もなかにはいるようです。レンタルの料金は、3,000円~10,000円が相場と言われており、誰が着たか分からないものを着用する代わりに、購入するよりも費用は安く抑えることができます。

レンタルと購入のメリット・デメリット

購入とレンタルではレンタルのほうが安く費用を抑えることができるとご紹介しましたが、それぞれのメリットとデメリットはどのような点なのでしょうか。

購入
♡メリット

・新品のため補正力に優れ、劣化が無く安心して着用できる

・自分の体型にぴったりフィットしたインナーなので、ドレス姿が格段に美しくなり、1日ドレスを着用してもラクに過ごせる

・種類やサイズが豊富なので、ドレスに合ったデザインを選べる

・式後補正下着として日常生活やお呼ばれ時に活用できる

♠デメリット
・費用が高くついてしまう

レンタル
♡メリット
・購入するより費用を安く抑えることができる

♠デメリット

・そもそもレンタルを行っているお店がそれほど多くない

・たくさんの人が着用しているため、生地が伸びてしまっている。そのため補正力が劣るだけでなく、ワイヤーやボーンの歪みから身体に痛みを感じることも

・たくさんの人の肌に直接触れたインナーを身に着けるのが気になる

・自分に合ったサイズのものを探すのが大変

・ドレスに合ったデザインでないと、インナーがドレスから見えてしまうことも

・扱いに気をつけなければいけない

・持ち込み料がかかる場合がある

また、挙式を終えた方がフリマアプリにインナーを安く出品し、それをプレ花嫁が購入するといった流れも多くなってきているようです。購入するより費用を安く抑えたい場合や、レンタルで誰が着たか分からないものを着用するのに抵抗がある方はこのお譲りを選択するようですが、ほとんどがネットでのやり取りのため、試着ができないリスクや、ネット取引ならではのリスクがあることも覚えておきましょう。

せっかくの結婚式。式後に後悔しないよう、プロに相談したり先輩花嫁発信の口コミ情報などを参考に、よく考えて選択しましょう。

[➡姿勢美容ブライダルインナー『ザ・ディ』へのお問合せ・ご相談はこちら]

関連記事

PAGE TOP