クリーニングできる?ブライダルインナーのお手入れ方法

ブライダルインナーは結婚式だけでなく、普段使いでも活用できるアイテムです。正しいお手入れをすることで、長く使い続けることが可能です。
今回は、ブライダルインナーの洗濯・保管方法についてご紹介します。


まずは洗濯表示の確認を!


ブライダルインナーの洗濯は、洋服を洗濯する際と同様で、「洗濯表示通り」が基本です。洗濯表示はメーカーによって異なるため、まずは洗濯表示を確認しましょう。

販売れている衣類のほとんどすべてに付けられている洗濯表示ですが、平成28年12月以降をもって世界共通のマークに変更されています。洗濯表示を確認する際は細かくチェックしてみてください。


洗濯表示に従った洗濯方法~The Dのブライダルインナーの場合~


洗濯表示に合わせた正しい洗濯方法で、ブライダルインナーを長くお使いいただくことができます。
The Dのブライダルインナーの洗濯表示を例に正しいお洗濯方法をご紹介します。

1)洗う

40℃限度の手洗い

塩素系漂白剤の使用不可


水又は40℃までのぬるま湯に中性洗剤を溶かします。
揉んだり擦ったりせず、やさしく押し洗いしてください。
特にカップ部分はデリケートですので型崩れしないようにやさしく洗いましょう。

2)すすぐ
すすぎが不十分ですと黄ばみの原因になります。
完全に洗剤が落ちるまでよくすすぎます。

3)乾かす

タンブル乾燥使用不可

アイロン使用不可


脱水機、乾燥機は傷みの原因になりますので絶対に使用しないでください。
乾いたタオルなどでポンポンと叩いて水気を切りましょう。

4)干す

濡れたまま日陰に吊るして干す

洗濯が終わったらシワを伸ばしてすぐに干します。
風通しの良い日陰が最適です。
直射日光に当てると黄ばみや色褪せの原因になります。

カップの横と背中の上端を挟んで干します


洗濯機やクリーニングはダメ?!


ブライダルインナーを洗濯機にかけたり、クリーニングに出そうと考えている方もいるかもしれません。しかし、ブライダルインナーは”やさしく手洗いすること”が基本です。

洗濯機を使うと、ブライダルインナーのワイヤーやボーンに負担がかかり、歪みがでてくる可能性が高まります。また、ブライダルインナーはデリケートな素材・デザインであるため、クリーニング店でも受け付けていない場合が多くあります。
肌に直接触れるアイテムゆえに、取り扱い方には十分に注意する必要があるのです。


ブライダルインナーをキレイに保管する方法


ブライダルインナーを洗濯したら、形が崩れない方法で保管することが大切です。引き出しの中にぎゅうぎゅうに詰め込むと、ブライダルインナーが変形する原因になります。
カップの形を崩さず、購入時の状態をキープさせるために、以下の手順で保管しましょう。

①カップの形を整えて、ホックを留めます。
②カップの形が崩れないように、キレイに並べます。

最大のポイントは、カップをつぶさないように注意することです。正しい保管を心がけることで、形が崩れることなく美しい状態をキープし続けることができます。
また、白い生地は時間が経過するにつれ黄変しやすいお色です。できるだけ光の当たらない場所で保管しましょう。

The D(ザ・ディ)では、お客様一人ひとりの体に合ったブライダルインナーをご提案しています。洗濯・管理方法を含め、ブライダルインナーに関する取り扱い方も丁寧にレクチャーいたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

The D(ザ・ディ)直営店はこちら

関連記事

PAGE TOP