ドレスを美しく着こなす、ブライダルインナー選び3つのポイント


出展:ザ・ディ

ウェディングドレスを美しく着こなすために、ドレスの下に着るブライダルインナー選びはとても大切です。ドレスのデザインにあわせるのはもちろん、素材や着る人の体型によっても総合的に選ばなければなりません。
今回はブライダルインナーを選ぶ際に気をつけたい3つのポイントをご紹介します。


POINT1 : ドレスのデザインや素材にあわせる


ドレスのデザインは、シルエットだけでなく素材やディテールに違いがあります。ウェディングドレスが決まってブライダルインナーを選ぶ時は、次の点に気をつけましょう。

①背中の開き具合

背中が大きく開いたドレスの場合、インナーがドレスから見えず、かつ補正力が十分なものを選びましょう。おすすめは、背中の開きが広いバックレスタイプのビスチェです。試着をし、インナーが背中からはみ出ていないか確認するようにしましょう。

②脇の開き具合

脇の開きが大きめのドレスも、ブライダルインナーがチラリと見えてしまうことがあるので要注意。脇が低いバックレスブラがおすすめです。

③インナーが響きやすい素材かどうか

シンプルで装飾のないドレスの場合、インナーのデザインがドレスに響かないものが適しています。つなぎ目のない、シンプルなタイプのビスチェがおすすめです。

④インナーが透けやすい素材かどうか

ドレスが透けやすい素材の場合、インナーのカラーに要注意。肌の色より1トーン明るいスキンカラーやライトベージュがおすすめです。


POINT2:体型にあわせる


花嫁の方の体型は十人十色で、一様ではありません。そのため、自分の体型に合ったブライダルインナーを選ぶ必要があります。自分にぴったりのサイズ感のブライダルインナーを見つけましょう。

①やせ型スレンダー体型
厚みのないボディを、丸みのある立体的なシルエットにするため、ボディ全体を一枚でメイクするビスチェタイプがおすすめ。締め付けや痛みに弱い方は必ず試着して着心地を確かめるようにしましょう。

おすすめブライダルインナー
ロングラインブラ シンプル
ロングラインブラ エレガント
ロングラインブラ 美フォルム

②バストが大きめでウエストは細め
バストとウエストそれぞれのサイズに合った、セパレートタイプが適しています。ブラジャーをニッパーでしっかりと支えるので安定感があります。バストボリュームをおさえたい場合はグラマーバスト専用のビスチェがおすすめです。

おすすめブライダルインナー
セミオーダーセミロングラインブラ

③バストが華奢でウエストは大きめ
バストが華奢だからと小さいカップを選ぶと全体のバランスが悪くなり、ドレス映えしません。また脇ニクの原因にも。ウエストサイズに合わせた一体型のビスチェで全体のシルエットをつくり、バストはパッドで調整するのがおすすめです。

おすすめブライダルインナー
ロングラインブラ シンプル
ロングラインブラ エレガント

④バスト・ウエストともに大きめ
バストとウエストを両方補正する一体型のビスチェがおすすめ。ヒップが大きい場合はヒップにかからないような、裾の短いものを選ぶとよいでしょう。

おすすめブライダルインナー
ロングラインブラ シンプル
ロングラインブラ エレガント


POINT3 : 必ず試着する


お目当てのインナーが見つかったら、実際に試着し体型を希望通り補正できるか、確認してみましょう。また、ドレスを着たときにインナーがドレスからはみ出さないか、プロにチェックしてもらうことも大切です。

体型補正のために締めつけが強すぎるインナーを選ぶと、長い式の間に気分が悪くなってしまうこともあります。きつすぎないか、着心地を確認することも決して忘れないようにしましょう。

The D(ザ・ディ)では、ブライダルインナーを多数ご用意しています。自分にぴったりのブライダルインナーを選ぶためには、まず自分の体型を把握して試着してみることが重要です。専門のプロがお手伝いいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▶ザ・ディ直営店はこちら

関連記事

PAGE TOP