マタニティのブライダルインナー

妊娠している花嫁さんは、ウェディングドレスだけでなく、ブライダルインナーもマタニティ用のものを着用されると快適で安心です。今回はマタニティ用ブライダルインナーの必要性や選び方についてご紹介していきます。


マタニティ用ブライダルインナーとは



出展:ザ・ディ

マタニティ用のインナーは、大きくなったお腹周りやお胸を支えるのはもちろん、デリケートな妊婦さんの身体と赤ちゃんの安全をサポートしてくれる作りになっています。そのため、ドレスにボディラインを合わせつつ、妊婦さんと赤ちゃんの快適と安心を支える役割をしてくれます。
また、生地が優しい素材で作られていたり、サイズ変更ができるようになっていたりと様々な工夫がされています。


マタニティ用ブライダルインナーの選び方


・妊娠何ヶ月からマタニティ用ブライダルインナーにするべき?

妊娠初期はつわりなどで具合が悪くなってしまう花嫁さんも多いので、締め付け過ぎるブライダルインナーはNGです。妊娠初期にあたる花嫁さんは、お腹部分にボーンがなく、背中のボーンで腰をしっかり支えるタイプが良いでしょう。また購入後もサイズ調整ができるブライダルインナーを準備するようにしましょう。

妊娠5か月からはお腹が大きくなり始め、赤ちゃんの重量も増えるので、下からしっかり支える腹帯タイプがおすすめです。お腹と腰が軽くなり快適に過ごせるようサポートしてくれます。体型の変化が大きくなる時期なので、マジックテープ等でサイズを調整できるタイプがおすすめです。


・マタニティ用ブライダルインナーを選ぶ時期
マタニティ用ブライダルインナーは、挙式の約1ヶ月くらい前に選びにいくのをおすすめします。
体型の変化が激しい妊婦さんは、ブライダルインナーの準備が早すぎると式直前にサイズが合わなくなってしまう可能性があります。

また、妊娠中はカップやアンダーが急激にサイズアップすることもあるので、余裕のあるサイズや調節できるものを選ぶようにすると安心です。

・選び方のポイント

① 第一に赤ちゃんのことを考える
まずは第一にお腹の赤ちゃんを優先するようにしましょう。綺麗なボディラインにするために、締め付けの強いものを選んでしまうとお腹の赤ちゃんの負担になります。また、当日は緊張やドレスの重みで普段より身体に負担がかかり、急に具合が悪くなってしまうことも。大丈夫と無理をせず、体型に合ったインナーを選ぶようにしましょう。

② 大きめのサイズを選ぶ
ブライダルインナーは、通常は自分のサイズにぴったり合うものを選ぶことが大切です。しかし、妊娠中は体型が激しく変化していきます。人によって個人差はありますが、カップ数やお腹周りが大きくなってしまう場合もあります。大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

The D(ザ・ディ)では、マタニティ用ブライダルインナーもご用意しています。何かと不安ごとの多い妊娠中の花嫁さんでも、安心して式を迎えられるようにお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。


お問合せはこちら


妊娠4か月までのマタニティ用ブライダルインナー詳細はこちら

妊娠5か月からのマタニティ用ブライダルインナー詳細はこちら

ザ・ディ直営店はこちら

関連記事

PAGE TOP