ブライダルインナーの必要性

ブライダルインナーの購入は、決して安い買い物とはいえません。結婚式は確かに2人にとってとても大切な日ですが、たった1日の為に購入する必要があるのだろうかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。今回はブライダルインナーの必要性とシーン別の選び方についてご紹介していきます。

ブライダルインナーが無いとどうなるの?

体型を補正してくれるだけなら普段着ている下着でも代用できるのでは?と思うかもしれません。しかし、ドレスは日常生活では着ないものです。さらに、もともとは西洋の女性向けに作られた服です。普段私達が着用している下着で代用できるのでしょうか。ここでは、ブライダルインナーを着用しないとどのような事が起こるのかをご説明します。

①脇腹や背中のお肉がハミ出してしまう

ブライダルインナーと私達が普段着用している下着とでは、そもそも補正力が全く違います。普通の下着にもバストのボリュームアップやヒップアップといった効果はありますが、ウェディングドレス用に作られたものではありません。ブライダルインナーは余分なお肉を隠して、すっきりと見せてくれます。

 

②下着や胸元が見えてしまう危険性が高まる

ブライダルインナーは、ドレスとのフィット感を高める効果があります。ウェディングドレスは、デザインやタイプが様々です。普通の下着だとドレスから下着が見えてしまう可能性があります。綺麗なドレス姿も下着が見えてしまっていては台無しです。ブライダルインナーはどんなドレスの形にも対応できるように出来ているので、ドレスから下着が見えてしまうといった心配はありません。

 

③ドレスの重みを軽減してくれる

ウェディングドレスは実際に着てみると結構な重みがあります。しかし、普段着用している下着はドレスの重さに耐えられるように出来ていません。そのため、普通の下着だと着ているだけでもドレスの重みでずり落ちてしまいます。ビスチェやハートカットのようなデコルテが空いたデザインでドレスがずり落ちてしまったら大惨事です。ブライダルインナーはドレスの重みを下からしっかりと支え、ずれ落ちるのを防いでくれます。

ドレスのデザイン別ブライダルインナーの選び方

ウェディングドレスのデザインやタイプが様々なように、それに合わせてブライダルインナーにも種類があります。ここでは、ドレスのデザイン別の選び方をご紹介します。

☑Aラインのハートカット
☑背中と脇の開きが深くない

【おすすめインナー】ロングラインブラ+キレイウォーカー

ロングラインブラはThe Dのブライダルコレクションのなかで、花嫁さまの支持率NO1ビスチェ。カップが浅く、前中心が低いので、ハートカットのデコルテからインナーがチラっと見えてしまうこともありません。ナチュラルなカップシルエットでバストを強調しませんが、パッドを入れると盛りバストも可能に。なりたいバストラインを叶えるブライダルインナーです。
身体に軸を通し姿勢を安定させ、花嫁の姿勢と歩き方を美しく変えるキレイウォーカーをセットで使用すると、ドレスの重みからの腰の負担を軽減してくれる効果も!

☑背中と脇の開きが深い

【おすすめインナー】美フォルム+キレイウォーカー

美しい背中は姿勢から。流行の背中が大きく開いたドレス、どれだけ背中を美しく見せるかがポイント。猫背だったら台無し、背骨を美しいS字ラインに立ち上げるのが大切なのです。そんなデザインにオススメなのが、美フォルム+キレイウォーカー。まずキレイウォーカーで骨盤のポジションを整え、美フォルムで背骨をサポートし背筋をしっかりと伸ばします。バックレスなのに抜群の安定感は、しっかりと姿勢をキープする姿勢美容効果がプラスされているから。美フォルムは背中だけでなく、脇ラインも深いため、背中や脇の開きが深いドレスに最適です。ヌーブラでドレスを着用した場合と比べてみてください。違いがはっきりわかります。


ドレスのデザインによっても最適なインナーはそれぞれ。デザインだけでなく、体型や姿勢のクセなど、インナー選びのポイントはたくさんあります。自分で判断しないで、プロのアドバイザーに相談してみましょう。


[➡姿勢美容ブライダルインナー『ザ・ディ』へのお問合せ・ご相談はこちら]


 

関連記事

PAGE TOP